​ポ

​ツ

​選

​手

​の

​の

​動

​作

​が

​苦

​手

​な

​め

使

MOBILITY・STABILITYの評価法

開催日

2019年11月23日(土)または24日(日)

トレーニングの概念が変わる!

Point 

​  01

Point 

​  02

指導のスキルアップに繋がる!

Point 

​  03

実技を通して自分の体で学びます!

パフォーマンス向上を望むトップアスリートはこれから初めています!

​今現在、活躍するトップアスリートに使用している方法を学ぶことが出来ます。

何故、MobilityとStabilityなのか?

​Mobility(可動性)とStability(安定性)は、スポーツや日常の

パフォーマンスでも身体の基礎となる要素で、これが十分で

ないと筋肉や関節に負担がかかり、様々な症状を引き起こし

たり、パフォーマンス向上を阻害する身体になってしまいます。

つまり、どんなスポーツでもこのMobilityとStabilityが必要となり、

その上でトレーニング戦略を考えないと真のパフォーマンス向上

トレーニングとはなりません。

​そのためトレーニングを始める前にこの評価を行う必要があり、

ピリオダイゼーションにMobilityとStabilityを改善するメニューを取り入れる必要がパフォーマンス向上のコツにもなります。

こんなトレーニング指導していませんか?

​✔︎

トレーニング指導を一つの(面での)動きしか行っていない

​✔︎

​アスリートの指導もボディシェイプやダイエットと同じ計画で行っている

​✔︎

​トレーニング指導するときは、ウェイトマックス測定を行って重さを決めることから始めている

​✔︎

​MobilityとStabilityを理解せずパフォーマンス向上トレーニングを指導している

​✔︎

​ウェイトによる筋肥大・筋持久力・筋パワー発揮のみがパフォーマンス向上に必要と考えている

​セミナーについて

​パフォーマンス向上が目的であるすべてのアスリートに初日で行うパフォーマンスベースの評価法です。

アスリートは治療用ベッドの上で行ったりウェイト器具を使ってスポーツすることはほぼありません。(オリンピックリフターはもちろんウェイト器具を使うスポーツです)

​そのため可動域がどのくらいかや1RMどのくらいかというのは、そのアスリートのパフォーマンスに"直接"繋がるとは言えません。

​そこで・・・

MobilityとStabilityの理解を深める。

モビリティは可動域ではないことを知り、スタビリティは固定

ではないことを理解することで見えてくるものがある!

Point ​01

Point ​02

評価法を知ることで、どこの面でMobilityまたはStabilityが悪いのかがわかる。
スポーツは3面の動きの組み合わせで行う。それをブレイクダウンしどこの動きに不全があるのか知る!

Point ​03

自分で評価法を試し、良し悪しをすることで現場で活用する。
実際に実技で評価法を行うことで質問も出てくる。そこで更に理解できる。インプットとアウトプットをその場で行う!

MOBILITY・STABILITY評価法

一般 12,000 学生 9,500

一般  10,000円  学生 8,000

 

開催日  3つの中から1つをチョイス!

2019年11月23日(土)  16:00〜20:00 

2019年11月24日(日)  10:00〜14:00

2019年11月24日(日)  16:00〜20:00

 

定員

各8名

会場

11/23  川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)

​11/24  川崎市教育文化会館

講師

舟橋立二(株式会社ADP代表取締役)

セミナー概要・お申込み

早期受付割引中!