■メディカル・トレーナー業務

アスレティック・トレーナー業務では、各学校の部活動、クラブチーム、社会人チーム、プロチームなど各団体に帯同し、日々の練習や試合の怪我の評価、テーピング、ストレッチ、応急処置、リハビリテーション、怪我予防プログラム、手技法など幅広く、深い知識により、チームをサポートします。またドクターとの情報交換を常に行い、選手やスタッフ、関係者の間に立ち、アスリートのためのより良いサポート環境を作り上げます。

特に、ADPでは、受傷後から復帰まで、スポーツに合った段階的リハビリテーションを得意とします。このEBM(Evidence Based Medicine=根拠に基づいた医療)に基づいたプログレッシブ・リハビリテーション(段階的リハビリ)により、アスリートを安全に、効果的にスポーツに戻すことを主眼に置き、更に、パフォーマンス向上のためのプラスアルファをトレーニングすることで、受傷前以上のアスリート能力に引き上げることを目指します。選手個々に合ったリハビリテーションを行うことで、怪我を治すだけのリハビリで終わらないことを心掛けています。また、その選手の弱いところ、怪我が起こりうるところをチェックし(3PE-競技前筋骨格評価)、プログラムを立てることにより怪我のない身体を作り上げ、また身体のバランスを取るトレーニングにより更なるパフォーマンス向上が見込めます。

業務例

【シーズン前】

3PE(選手全員) - 身体の異変をチェックし、より詳しい検査が必要な場合は、ドクターへ照会・同時に必要なトレーニングメニューを作成し、配布

【シーズン中の日々の業務】

練習前:

水分給水のための準備や掃除などを行う、テーピング、ストレッチや練習前の選手の状態チェック、練習前トリートメント

練習中:

練習現場にて怪我が起こったときの応急処置や対応を行う怪我をしている選手へのリハビリテーション提供

怪我した選手へのSOAPノート作成(怪我評価)と対処指示

怪我を持っている選手へのトリートメント

練習後:

片付け、掃除、大きな怪我が起こった場合 – 適切なドクターへの照会や、救急車手配など

【オフシーズン】

リハビリが必要な選手へのリハビリテーション・手術が必要な選手へのドクター照会

ADPへ派遣依頼
ADPへ派遣依頼