​関節モビリゼーションアプローチ   JM7-LOWER4 

多くのトレーナーから好評!

 

たった3分で

選手のパフォーマンスを変える

メジャーリーグトレーナーも

学びに来た手技とは?

トップアスリートを見ている現役トレーナー舟橋立二が直接指導!

こんなことで困っていませんか・・・

​✔︎

​✔︎

​✔︎

​✔︎

​✔︎

筋肉をほぐしても機能改善しない・・・

​チームで時間ない中何をすれば良いかわからない・・・

「関節運動学」を聞いたことがなく、関節にアプローチ出来ない・・・

試合数分前の選手の訴えに対応出来ない・・・

​これからアスリートにアプローチしたいが何ができるのかわからない・・・

​このセミナーで学べることは?

関節モビリゼーションとは、

関節可動域改善のために他動的に関節を動かし、

本来の動きを取り戻すことで日常動作からスポーツ

活動までの”動き”を改善する「マニュアル・セラピー」です。

 

また、この関節へのアプローチは、関節内の滑液

(関節の動きを良くするための潤滑液)の機能を回復

させ、固有受容器(身体の位置や動きを感知するセン

サー)を刺激することで、バランス感覚が向上し、

可動域改善と伴い「関節の総合的機能改善」を図る

ことが出来る。

 

現在では、様々な関節へのアプローチがあり、リハビリや

身体調整法の一つとしても取り入れられている。

この方法は、

普段の選手やクライアントのケアに使用したり、試合・練習前の関節の

違和感に対して短い時間で関節環境を変化させ、効果を出すことがで

きます。

​JM7を受けた選手の声

ハードな練習の後に、30分ほど下半身をやって頂きました。

 

そして終わって指示通り、立って軽く動いてみました。

 

そしたら、なんと!!

疲れていてだるさがあった身体がすごく軽くなり、またすぐに練習出来そうなフレッシュな状態を感じました!

 

思わず、シャドウを沢山してしまいました(笑)

所 英男選手

格闘家

日常生活でヘルニアの症状が出ていて靴下を履く事でさえままならなかったのですが、

このケアのおかげでシーズン最後の試合である入替戦では全く症状がなくなりました!

本当に感謝しています!

ケア後には、驚くほどに痛みがなくなりました!

今でもその経験を活かしヘルニア症状が出た時には、自分でもケアをするようになり

​今ではヘルニアの症状に悩まされることはなくなりました!!

川上 剛右選手

プロ・ラグビー選手

セーリングでは腰に負担が強くかかる競技であり、私も腰の調子がすごく悪かったのですが、JM7を受けると痛みが軽減し、疲労が抜けて、楽になりました。

 

また翌日のセーリング練習では、身体がすごく軽く、身体の動きが良くなりました!

土居 愛実選手

セーリング日本代表、ロンドン、リオ・オリンピック出場

疲労の溜まりやすい股関節が詰まっていましたが、JM7を受けた後は軽くなりました!

 

フェンシング特有の踏み込みが軽くなったことで深く踏み込めるようになりました。

 

また首や肩周りも痛くて回らなかったのですが、スムーズに回せるようになり、重たかったイメージがすごく楽になりました!

和田 花子選手

フェンシングJr日本代表

僕自身マッサージなどのケアは受けたりするのですが、「関節のみのアプローチで動きの違いを実感する」ということに対してどう変わるのだろう…という気持ちがあったのですが、受けてみて驚きました!


蹴る時の軸足のバランス、軸がブレない感覚、蹴り足のスピードに明らかな違いを実感しました!


キックボクシングは裸足で行う競技なので、特に足裏で地面を掴めている感覚を感じました。

大和 哲也選手

K-1ファイター、WBCムエタイ世界チャンピオン

Please reload

トップアスリートを見ている現役トレーナー舟橋立二が直接指導!

セミナー案内

日時: 2018年6月23日(土)、24日(日)

     9:00〜18:00 (昼休み1時間含む)

場所: スポーツデータバンク(株) 3階 (東日本橋駅、徒歩7分)

     

テーマ: 関節モビリゼーション-下肢 (足関節、膝関節、股関節、腰椎・仙腸関節)

参加費: 54,000円(税込)

定員人数: 15名

​申込締切: 6月18日(月)

​ ※ 当日は、短パンと厚めのバスタオルかマットをご用意してください。