ダウンロード配信 |  自宅

パフォーマンス肩甲帯論 (1)

アスリートのパフォーマンスを上げるための 肩甲帯のトレーニングとは? その秘密を理論から実践まで! 上肢に繋げるための基礎を学びます。 自宅でいつでも開始出来るダウンロード配信!
終了致しました。
パフォーマンス肩甲帯論 (1)

日時・場所

ダウンロード配信
 自宅

セミナーについて

肩甲帯を機能させパフォーマンスを向上させよう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本セミナーはダウンロード配信によるものです。

ご自宅で好きな時間に学べます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『上肢と下肢を繋げないとパフォーマンスは上がらない』

このように聞いたことはないでしょうか?

私たちは、身体全身を連動させて動かしています。

そのためどこの部位も機能的に動作が欠けていると

自分の体を十分に使っていないと言えます。

そのために特に重要な部位となるのが

体の中心部であり、上肢と下肢の間である骨盤帯と

上肢(肩・腕・肘・手)につながる通過点である肩甲帯

今回はその中の「肩甲帯」を

スポーツパフォーマンスにつながるための理論と

そのエクササイズを学びます。

■ 上肢への連動

上肢へ足裏から骨盤帯を通して

その力を上肢に繋げるキネティックチェーンを

確立させるには

まずは肩甲帯のモビリティ(Mobility)が必要になります。

それは関節が動くという単純な意味合いだけでなく

インナーマッスルが充分に働く環境を作るために

重要になります。

これがないとアウター優位になり

肩周り、肘周り、手首周りに余計な力が入り力伝達ができず

どこかで連動の邪魔をしてしまいます。

そのため

ある関節と骨がお思い通りに動かせるかが

連動のための一つの鍵になります。

よく肩甲骨を動かすと良いと言いますが

それだけでは不十分です。

肩甲骨が動くようになっただけでは

アスリートのパフォーマンスには繋がりません。

その関節と骨を中心に学びます。

実際に世界トップアスリートも実践している内容を紹介し

明日からすぐに使える実技を行い身につけて頂きます!

ハイ・パフォーマンスに繋げるための肩甲帯論とそのトレーニング方法とは?

この機会をお見逃しなく!

■ こんな方にオススメ

・アスリート対象にトレーニング指導している方

・理論からしっかり理解し、スピードとパワーをつけたいアスリート

・筋トレだけでは限界を感じているトレーナーやアスリート

・肩甲帯のことをあまり知らないトレーナーや治療家

・スポーツパフォーマンスに活きる身体操作理論と方法を学びたいトレーナーやアスリート

■ セミナー内容

※セミナーはダウンロード配信です。7本のコンテンツから構成されています。

1. パフォーマンス肩甲帯論-イントロダクション

2. 肩複合体の構造と肩甲帯

3. 肩甲帯の骨格解剖的特徴

4. 肩甲帯のパフォーマンス理論

5. 肩甲帯Mobilityトレーニング

6. 肩甲帯Mobilityトレーニング-エクササイズ動画

7. パフォーマンス肩甲帯論-終わりに

※本セミナーは、「ダウンロード配信」となっています。

申し込み後、ダウンロードが可能なURLが7つ送られてきますので、

自分の勉強出来るタイミングで学んでください!

また動画とセミナー資料の著作権は全て株式会社ADPのものとし、個人の勉強以外での商用目的による使用は禁止しております。またSNS等で掲載することも強く禁止しております。

参加費
価格
数量
合計
  • パフォーマンス肩甲帯論
    ¥8,000
    ¥8,000
    0
    ¥0
合計¥0

このイベントをシェア