ついに登場! パーソナルトレーニングの秘訣!

パーソナルトレーニングで行う評価は、ウェイトトレーニングの1RMの測定のみ!?その前にすべきことがあります。

3DMAPSとは?

​グレイ・インスティチュートが提供するこの3 Dimentional Movement Analysis and Performance System(3DMAPS)とは、3次元での動きの分析とパフォーマンス・システムと訳すことが出来き、身体の3つの運動面における動作エラーを発見し、それをリハビリに活かすというものです。

これはトレーニング指導の際にも活用でき、Stability(安定性)と

​Mobility(可動性)のエラーを知ることでウェイトトレーニングなどのその後のトレーニングの基礎となるエクササイズに考えるきっかけを与えます。

こんな方にオススメです!

​✔︎

​運動面へのアプローチを知らない。

​✔︎

​アスリートもボディシェイプのトレーニングも同じ。

​✔︎

​測定方法は、1RMのマックス測定のみ。

​✔︎

​トップアスリートにどんなアプローチしているか知りたい。

​✔︎

​安定性と可動性の評価の仕方がわからない。

​✔︎

​パフォーマンス向上につながる要素を考えられない。

現在のトップアスリートに使用している生の声

​実際に現在、トップアスリートに使用しているからこそ

お伝えすることが出来ます。

本だけではなく、実際に使用しているためどういった

ポイントを注意して評価すべきかお伝えします。

パフォーマンスとStabilityとMobility測定の関係を

実際のプレイを考えて3DMAPSの有効性をお伝えします。

セミナー参加して得られること

・ アスリートの動作分析が明確に出来き、それに基づいたエク

   ササイズの提供が出来る。

・ アスリートに必要な土台となるエクササイズプログラムを考

   えられる。

・ 他のパーソナルトレーナーと差別化できる。

・ 一歩上をいくトレーニングを提供できる。

 

パーソナルトレーニングで行う評価は、ウェイトトレーニングの1RMの測定のみ!?その前にすべきことがあります。

セミナー案内

追加日程!

日時: 2018年8月5日(日)

​    15:00〜19:00 (途中20分休憩予定)

      ※ 19:00〜20:00 交流・名刺交換会

会場: カルッツかわさき

     (川崎駅から徒歩約15分)

参加費: 一般9,000円、学生7,000円

      ※ テキスト込み

 

定員:6

   

お申込み:

【MobilityとStabilityno評価と実例 】​

​今すぐ、申し込み!